三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

東日本大震災から10年~今後の企業防災を考える~ / リスクマネジメント最前線

2021年3月11日に東日本大震災から10年を迎えます。
先月13日深夜にはマグニチュード7.3の福島県沖地震が発生し、まだ余震が収まらないことを改めて認識するとともに、東日本大震災の被害に思いを寄せることとなりました。
一方、今日まで様々な取り組みも進められてきました。

本稿では、この10年間を振り返りこれから企業はどのような対応が必要なのかについてまとめます。
冒頭に東北大学災害科学国際研究所所長今村文彦教授に、インタビューによりこの10年間の防災や科学的な知見の変化についてお話を伺いました。
東北大学災害科学国際研究所は、東日本大震災を受けて設立された災害科学分野の国際拠点的な研究機関です。
続いて後半に、企業のこの10年の取り組みを振り返り、今後どのような対応が求められるのかについて解説します。

レポート全文はこちらをご覧ください。
東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
<リスクマネジメント最前線>東日本大震災から10 年~今後の企業防災を考える~


【関連情報】
危機管理情報支援サービス
危機発生時の初動体制構築から訓練、ツールによる情報提供から備蓄品選定まで、
危機管理全般を支援します。

会員専用ページ