三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

南海トラフ地震臨時情報発出時の企業対応について / BCMニュース

2022年1月22日1時8分に、日向灘の深さ45kmを震源とするM6.6の地震が発生し、大分県、宮崎県では
最大震度5強が観測されました。この時に気象庁が開いた会見で質疑のテーマとなったのが「南海トラフ地震臨時情報」です。
2019年から運用が開始された南海トラフ地震臨時情報が発表寸前まで至ったのはこの時が初めてであり、
こうした制度があることを初めて知った方も多いのではないでしょうか。
また、南海トラフ地震の被害想定地域に拠点を持つ企業においては、 BCPを実践する可能性についても、
より実感をもったのではないでしょうか。

「南海トラフ地震臨時情報」は、2019年5月31日より運用が開始されており、「南海トラフ地震の想定震源域付近で異常現象が観測され、
その現象が南海トラフ沿いの大規模地震と関連するかどうか調査を開始、または継続している場合」、 および「観測された異常現象の
調査結果を発表する場合」に、気象庁から発表されます。
詳細の運用の流れは後述するが、この臨時の情報の発表に至る基準の一つである「想定震源域またはその周辺でM6.8以上の地震が発生」
というトリガーが、 今回の日向灘地震において、南海トラフ地震臨時情報発表の可能性に言及された要素です。

本稿では、運用開始から約3年を経て、「南海トラフ地震臨時情報」が発出された場合の企業対応について、実例を紹介します。
そして、そこから紐解く検討のポイントを解説します。

レポート全文はこちら
(MS&ADインターリスク総研株式会社/南海トラフ地震臨時情報発出時の企業対応について / BCMニュース)


【関連情報】
● オリジナルレポート
 「南海トラフ地震リスク 企業はBCP策定で備えを!※会員専用ページへログイン
 ① 南海トラフ地震とは?
 ② 近年の地震の傾向
 ③震災に備える

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット