三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の被害想定~概要と企業に望まれる対応~

2021年12月21日、内閣府より「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の被害想定」が公表されました。
今回公表された被害想定は、「あらゆる可能性を考慮した最大クラスの巨大地震・津波」を前提にとりまとめられており、これまでの被害想定に比べ、企業等への影響が深刻化しています。

本稿では、同想定のポイントは、「①津波浸水リスクの見える化」と「②積雪寒冷地事情への配慮」にあると考え、これらにフォーカスして、企業への影響や求められる対策等を整理します。

レポート全文はこちら
(MS&ADインターリスク総研株式会社/BCMニュース 日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の被害想定~概要と企業に望まれる対応~)


【関連情報】
● オリジナルレポート
 「南海トラフ地震リスク 企業はBCP策定で備えを!※会員専用ページへログイン
 ① 南海トラフ地震とは?
 ② 近年の地震の傾向
 ③震災に備える

協議会では、様々なリスクを対象とした支援サービスをご用意しております。
お気軽にご相談ください。
● 事業運営・資産に関わるサービス
 危機管理情報支援サービス
 災害発生時の初動体制構築から訓練、ツールによる状況提供等、危機管理全般を支援します。
 災害リスク評価サービス
 地震や風災害の影響を評価します。

お問い合わせ.png

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット