三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

昨今のランサムウェアについて

2022年2月24日、ロシアがウクライナへの侵攻を開始しました。
この侵攻においては、現実空間における当事者両国間の争いのみならず、サイバー空間において数多くの関係者を巻き込んだ争いが繰り広げられていることは着目すべき点といえます。

サイバー.jpg

サイバー攻撃を受けるリスクは一層高まっており、ランサムウェア攻撃が拡大、猛威を振るっています。
また、その影響は実害を受けていないサプライチェーン上の広範囲までおよび、甚大となるおそれがあります。

企業グループ、そしてサプライチェーンも含め、サイバー攻撃を完全に防ぐことはできないという認識のもと、防御を中心とした対策(事前対策)だけでなく、攻撃を受けた際の対策(事後対策) を進めることが必要です。

レポート全文はこちら
(MS&ADインターリスク総研株式会社/サイバーセキュリティニュース 昨今のランサムウェアについて)


【関連情報】
MGSP(MBSDグローバルセキュリティプラットホーム)
平時の運⽤⽀援から有事の駆けつけまで、専任担当者がいなくても運⽤可能なサイバーセキュリティソリューションを提供します。

お問い合わせ.png

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット