三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

生態系に基づく災害リスク軽減と今後の利活用の検討

MS&ADインターリスク総研株式会社
生態系に基づく災害リスク軽減と今後の利活用の検討

【本号の概要】
■ 自然と人間の関係の再構築が喫緊の課題として認識される中、本稿では特に自然が持つ防災・減災の機能(生態系減災:Eco-DRR)の定義や考え方を整理した上で、今後の利活用に関して論じました。
■ グリーンインフラは、自然環境が有する機能を社会における様々な課題解決に活用する考え方で、例えば防災・減災や、生態系保全に役立つと考えられています。
その中でも特に生態系を活かした防災・減災・インフラに着目する考え方として、Eco-DRR があります。Eco-DRRは、これまでのインフラと共存するかたちで、より防災・減災能力を高めるための手段として注目されています。

レポート詳細はこちらをご覧ください。

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット