三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

電力需給の今後の見通しと企業の対策

電力は、企業による財・サービスの生産、付加価値の創造を支える重要なエネルギーの1つである。
非製造業で使用されるエネルギーの 55.7%が、製造業では 22.3%が電力によるものであり、
その存在なくして事業活動・経済活動ひいては企業の提供する社会機能を維持することはできない。
その電力の需給が、目下、厳しい状況にある。かかる状況を踏まえ、企業は事業活動への影響を最小化しつつ、
省エネ・節電等によって電力の需給に貢献する必要がある。加えて、電力需給ひっ迫が一層深刻化し、
万一、計画停電等に至った場合への備えも必要となろう。

そこで、本稿では、企業の電力需給の現状および見通しを示し、政府による節電要請の検討状況
および緊急時の情報伝達手法(電力需給ひっ迫警報等)を整理した上で、それらを踏まえ企業として
とるべき対策について示す。

レポート本文はこちら

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット