三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

<号外>熱海市の土砂災害について / 災害リスク情報

2021年7月3日に静岡県熱海市において大規模な土砂災害が発生しました。
被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。

本レポートでは、今回の土石流による災害の概要および被害状況について報告します。
※本レポートは7月5日17時現在の情報に基づいて作成しています。

■ 気象概要
2021年7月3日9時の地上天気図をみると、西日本から東日本の太平洋側に停滞前線がのびています。
静岡県付近には停滞前線の"キンク"(前線で北側に屈曲した部分)がみられることから、 特に暖かく湿った空気が流入しやすい状況であったことがわかります。
全国における72時間降水量の日最大値をみると、キンク付近で「観測史上1位」や「7月としての1位」が更新されており、 熱海市に近い御殿場や富士でも記録的な大雨となりました。

レポート全文はこちら


【関連情報】
 レポート 土砂災害に関する防災気象情報の活用 / 気象庁
 レポート 急な大雨や雷・竜巻から身を守るために / 気象庁
 レポート <国土交通省>防災ポータルおすすめ情報
 サービス 危機管理情報支援サービス ※会員専用ページへログイン

会員専用ページ