三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

大雪に対する緊急発表(2023.1.23)/ 国土交通省

24日(火)からはこの冬一番、また近年でも最強レベルの寒波が襲来し最大限の警戒が必要です。
国土交通省より大雪に対する緊急発表がございました。

大雪写真_s.jpg

〇1 月 24 日(火)から 26 日(木)頃にかけて日本の上空にこの冬一番の強い寒気が流れ込むため、日本海側を中心に大雪となり
 太平洋側でも大雪や積雪となるところがある見込みです。
 大雪や暴風雪、吹きだまり、低温による路面凍結、などによる交通障害に警戒してください。
 強い冬型の気圧配置は 27 日(金)頃に一旦緩みますが、29 日(日)頃にかけて再び強まる可能性があります。
〇昨年 12 月 17 日からの大雪の際にも車両の立ち往生が発生していますので、十分に警戒してください。
 大雪の場合は不要不急の外出を控えてください。
〇やむを得ず自動車を運転する場合は、ドライバーの皆様には、冬タイヤの装着、チェーンの携行及び早めの装着の徹底、
 スコップや砂等の冬用装備の携行をお願いします。また、降雪状況等により、広範囲での通行止めや、結果として、
 高速道路と並行する国道等が同時に通行止めとなる場合があります。広域迂回の実施や通行ルートの見直しなどのご協力を
 お願いします。

大雪・暴風雪に関する最新の防災気象情報(国土交通省 / 気象庁)
気象情報を活かして大雪や暴風雪に対して早め早めの行動をとっていただけるように本ページを開設しています。

詳細全文はこちら
をご覧ください。
(国土交通省 /大雪に対する国土交通省緊急発表_2023.1.23)

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット