三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

地政学リスクと企業における紛争危機への備え

近年、ミャンマーにおける軍事クーデターや、アフガニスタンの政権崩壊など、政情が不安定化するリスクが高まっています。
また。Covid-19(新型コロナウイルス感染症)による都市封鎖に見られるように、現地での生活や企業活動に甚大な営業を与える事例が相次いでいます。

2022年に入ってからは、2月24日にロシアによるウクライナ侵攻が始まり、7カ月以上が経過した現在も紛争は続いています。北朝鮮はミサイル発射事件を連発し、米国にも対抗姿勢を強めています。
背景にある国家間の対立・分断の加速が懸念されるなど、現代の世界秩序のあり方自体も大きな転換期を迎えています。

ロシアによるウクライナ侵攻は、グローバリゼーションが否定されるかのように「紛争危機」が表面化したことで、海外進出企業にとっては地政学リスク、とりわけ紛争危機への備えが喫緊の課題となりました。

本レポートでは、近年表面化している「地政学リスク」の特徴や事例を踏まえて分析した上で、海外に進出しているまたは進出を計画している日本企業にとって、最も関心が高く影響が大きいと考えられる台湾危機に関する情勢分析や今後の備えについて述べます。

24696399_s.jpg

レポート全文はこちら
(出典:SOMPOリスクマネジメント株式会社/損保ジャパンRMレポート 地政学リスクと企業における紛争危機への備え)

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット