三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

もっと知りたい!エネルギー基本計画

2021年10月22日、エネルギー政策の基本的な方向性を示す「第6次エネルギー基本計画」が策定されました。
この計画では、気候変動問題への対応として、「2050年カーボンニュートラル」実現に向けた課題と対応や、日本のエネルギー需給構造が抱える課題の克服などを中心に、さまざまな方針が盛り込まれています。

資源エネルギー庁のスペシャルコンテンツをご紹介します。

22220165_s.jpg

2050年カーボンニュートラルを目指す 日本の新たな「エネルギー基本計画」
(出典:2050年カーボンニュートラルを目指す 日本の新たな「エネルギー基本計画」(資源エネルギー庁)

(1)コスト低減、地域の理解を得てさらなる導入拡大へ
   (出典:「もっと知りたい!エネルギー基本計画① 再生可能エネルギー(1)コスト低減、地域の理解を得てさらなる導入拡大へ」(資源エネルギー庁))
(2)設置場所を確保し、太陽光発電をさらに拡大
  (出典:もっと知りたい!エネルギー基本計画② 再生可能エネルギー(2)設置場所を確保し、太陽光発電をさらに拡大(資源エネルギー庁))
(3)高い経済性が期待される風力発電
  (出典:もっと知りたい!エネルギー基本計画③ 再生可能エネルギー(3)高い経済性が期待される風力発電(資源エネルギー庁))


【関連情報】
世界が本気で挑む、カーボンニュートラル

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット