三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

ロシアのウクライナ侵攻と今後のリスクシナリオ/ 海外リスクセンサー

2022年4月27日

ロシアによるウクライナへの全面侵攻(2022 年 2 月 24 日)に端を発するウクライナで
の戦争は局面が大きく変わりつつある。ロシア軍はウクライナ北部などに展開していた部隊を再編し、ドネツク州(Donetsk)とルハンシク(Luhansk)州の東部二州の制圧にリソースを投入し、ウクライナ軍はこれを阻止・奪還する構えである。
ウクライナのイェルマーク(Andriy Yermak)大統領府長官は「戦争の第二段階が始まった」と述べ、ゼレンスキー(Volodymyr Zelenskyy)大統領も「ロシア軍がドンバス(Donbass)での戦いを始めたことを確認」したという。
またロシア軍はドンバスに加えて、ウクライナ南部の完全支配にも言及している。

<レポート構成>
1.ロシアのウクライナ侵攻: 現状
2.今後の見通しとシナリオ
バックデータ: ウクライナでの戦争に関するリスクシナリオ

レポート全文はこちら
(出典:東京海上ディーアール株式会社/海外リスクセンサー ロシアのウクライナ侵攻と今後のリスクシナリオ2022年4月27日)


【関連情報】
ロシアのウクライナ侵攻(2022年3月10日~16日)/ 海外リスクセンサー(3月17日時点)
ウクライナ情勢に関する主要国の制裁の状況のアップデート(3月9日時点)
ウクライナ情勢の悪化に伴う大統領令等による制裁について/日本損害保険協会(2月25日時点)
物流関連速報!ウクライナ物流情報について/東京海上日動(2月25日時点)
ウクライナ情勢では経済制裁の行方に関心が集まる / コラム(2月18日)
ウクライナ情勢に関する外航貨物海上保険の取り扱い / 東京海上日動(2月22日)
ウクライナにおける軍事的緊張の高まりと企業の対策/東京海上ディーアール株式会社(1月28日時点)

会員専用ページ

 

2022年度
パンフレットは
こちら


2022パンフレット